スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

☆妄想ではない事を証明します☆

先日のスケートアメリカ大会で 本当の優勝は アメリカのレイチェル・フラット選手と 記事にしました。→ 


それが 妄想記事ではない事を証明します。

まずはショート。これ点数高すぎでしょう(笑)
世界最高得点更新(笑)
笑いしかありません。

PCSは、SS(スケーティングスキル(スケート技術))TR(要素のつなぎ)PE(演技)・CH(振付け)IN(曲の解釈)の5項目に分けられます。

キムヨナ選手のショートのPCS内訳は

SS 8.05
TR 7.60
PE 8.20
CH 8.20
IN 8.30

合計40.35

これをすべて足して、0.8を掛けます。



32.28 これが、キムヨナ選手のPCSです。



ちなみに男子は1.0を掛けます。



40.35 合計のそのままの点数です。

この、40.35に技術点の44.00をたすと84.35


あら、不思議。ヨナ選手は、ショートで4回転でもした?トリプルアクセルでもした?
男子を超えてしまいましたわ。

男子のショート1位のライサが79.17だったので、

キムヨナ選手が男子に勝っちゃたわよ~!!!! すご~い。

そりゃ スポーチマンシップ精神に溢れるライサでも「女子の域をこえている」と皮肉りますわな。


技術点でもキムヨナ選手は男子を含め断トツの1位です・・・・!!

男子選手は3A跳んで、3-3跳んで、ステップから3回転跳んでるのに!

すごすぎるわ。

キムヨナ選手はなぜか回転不足や、ロングエッジを取られないんですもん!

それに不可解な加点 ばかり!!!!
そりゃ、技術点でも男子を超えるのはあたりまえです。

まぁ、正確な点を出すと・・・・せいぜいショートの点数は67点代ですね。  大甘にみてね。まだ高いわ。

では、フリーです。


実際のプロトコル
基礎点 GOE(加点)
3Lz-3T< 7.3 -2 5.3
3F< 1.7 -1 0.7
2A-2T-2Lo 6.3 0
FcoSp4 3 0.4 3.4
SpSq4 3.4 1.4 4.8
2A-3T 7.5 1.2 8.7
3S 4.95 0.4 5.35
2Lz< 0.66 -0.28 0.38
SlSt3 3 0.8 4.1
2A 3.85 1.2 5.05
FSSp4 3 0.5 3.5
CCoSp3 3 0.6 3.6
合計 47.96 3.22 51.18


<は 回転不測を意味します。

プププ・・・・。GOE加点がおかしかったり、回転不測とられていないとこがあるので
すべての選手と同じように 勝手に採点しなおします。


基礎点 GOE(加点) トータル
3Lz<-3T< 3.2 -2 1.2
3F< 1.7 -1 0.7
2A-2T-2Lo 6.3 0 6.3
FcoSp4 3 0.4 3.4
SpSq4 3.4 1 4.8
2A-3T< 4.8 1 5.8
3Sx 4.95 0.4 5.35
2Lz<x 0.66 -0.28 0.38
SlSt3 3 0.6 4.1
2Ax 3.85 0.7 5.05
FSSp4 3 0.5 3.5
CCoSp3 3 0.6 3.6
合計 40.86 2.01 44.17



そして・・・・・この技術点44.17PCS61.52を足すと104.70です
(ていうか・・・PCSの61.52も高い。高すぎる。でも 現状トップ選手 ヨナ・真央・美姫・ロシェットは
PCS高めですね。)


ショートの点数67.94+フリー104.70172.64


になります。これでも lavenderはかなり 甘いジャッジ
ですね。
スケートコラムでは90点台といわせてもらってます(フリー)
そういう意見も多い。


この点数が ヨナ選手の ほぼ適正な点数だと思いますよ。

2位のフラット選手は 174.91です。


なので 正確に 平等に ジャッジすると フラットが優勝でした。


諸悪の根源はISUでしょう。


が、ヨナ選手の日ごろの行動・言動 コーチのホモーサー・・・って失礼しました。オーサー。
ダメでしょう。
人として。
フランス杯でのエキシビジョンや表彰台後、カナダでのショーを観ると
大事なものをなくしたでしょう。


でもね・・・・・・・黙っている 日本のスケート連盟に 不気味さを感じます。


ファイナルは 覚悟してみたほうがいいでしょう。
スケートファンは 心の準備が必要だど思います。


日本は ヨナ選手にとって 準地元ですから。

マスコミの煽りが今から想像できます。


でもね・・・・・・



他の選手は




アスリートとしてだけじゃなくて、人として 大事なものをえてると思います。



選手間での信頼感・尊敬する心など。





照準は バンクーバー。



スポーツマンシップのある選手が 表彰台にたって欲しいです。








スポンサーサイト

2009/11/18 21:44 | フィギュアスケート  TOP

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。