スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

☆ノクターン☆

わたくし、ショパンが大好き。

そんな中、06年の浅田 真央選手のSP「ノクターン」と発表があり

あの元気溌剌な真央ちゃんが ノクターン?と思ったのが懐かしい。
ノクターン 浅田真央

スケートアメリカでこのプログラムを観たとき衝撃が走った。
半年前まで元気にオレンジの衣装でカルメンを滑っていた時とはまるで別人なのだ。

まるで、リンクがピアノの鍵盤のような 滑らかな真央選手のすべり。
なんとも軽やかなステップ。美しいスパイラル。

どうやって、これを表現力がない と日本のマスコミは言うのだろうか?
そんなに 顔芸が大切なのか?

本物の美とは 自然に出るのだ。

ピアノ族なわたくしは、このプロ大好きです。

思えば、この年の世界選手権のショートから、ショート地獄に陥ったのだが。。。
そんなのは関係ない。

いつでも 逃げない 真央選手が素敵なのだ。

守りにはいるとスポーツではない。あくまで フィギュアはスポーツなのだ。

この ノクターンは当時の浅田真央にしか出せない。
今の浅田真央が滑っても あの頃のような ノクターンではないだろう。

今夜も浅田真央選手の すべりを思い出しながら ノクターンを演奏しよう。

スポンサーサイト

2009/09/04 01:20 | フィギュアスケート  TOP

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。