スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

☆2010年四大陸選手権・真央選手意外の感想など☆

四大陸選手権を韓国で観戦した。 地元の自称国内女王5連覇中の某選手(実際ここ4年国内選手権は出ていませんが韓国ではこう呼ばれている。)
が出ていない中、ストーカーっぷりが目立つ韓国、日本の宝が出る事もありたくさんの観客が集まったいた。

勿論総ての観客の方がそうではない。  マナーのない観客が大勢いる。
ジーンズをこよなくはきこなすあの子の言葉を拝借「品がない。同じアジア人として恥ずかしい」
(その通りである。冷静な意見で的を得ている)

こういった国での国際大会は辞めたほうがいい。
地元の某選手までもが「時々、この国で生まれたことが恥ずかしい」と言い切る位だ。


まずは、真央選手意外の注目選手の感想を書こうと思います。
真央選手については別記事です。

まずは、順位のおさらい。

(フリーです)

Pl. NameNationTSS
=
TES
+
 PCS
+
SSTRPECHINDed.
-
StN.
1Mao ASADA JPN126.7468.58 58.167.556.607.557.307.350.00#18
2Akiko SUZUKI JPN114.8462.20 52.646.706.006.806.656.750.00#16
3Caroline ZHANG USA105.6856.80 48.886.205.756.406.156.050.00#20
4Min-Jung KWAK KOR101.0358.87 42.165.654.855.455.255.150.00#14
5Amanda DOBBS USA100.6753.19 48.486.055.806.206.156.101.00#17
6Haruka IMAI JPN100.2353.91 46.326.105.505.805.805.750.00#19

 

 

PCSの全体的な低さは、わからない。まぁこれ位の大会という事かししら。

では、日本代表鈴木選手。

私は、彼女が病気になる前から彼女のスケートは苦手である。 よさがわからない。

今回FSでは衣装もがらりと変わりこの衣装は好きだ。似合っているし素敵だと思いました。

ます前半のジャンプはばっちりでした。流れもあり完璧である。ただ後半は崩れてしまいました。後半のジャンプは崩れルッツはインサイド気味でした。 なんとかリカバリーしてくるところはベテランだなと思いました。

彼女のステップ。観客をうまく巻き込み、見方につけるのが彼女のステップだ。ショートではレベル4を獲得(女子ではイタリアコストナー・日本の浅田真央しか獲得した事がない)し、フリーでも魅せてくれた。韓国の観客はこれに対しもっと拍手を送るべきである。

一言・・・・・やはり私は点数稼ぎのシークエンスジャンプには反対。好きではない。

 

アメリカ キャロライン・ジャン

全米大会は最悪の出来だっつたのに関わらず国際大会派遣、このチャンスを見事にいかし3位表彰台へ。会場で観た時ホッとしました。相変わらずのハイキックジャンプでしたが、ルッツ意外は大丈夫だった。

最後まで力強い演技でした。やはりスピンの軸のブレのなさは最強。美しい。魅了。来シーズン巻き返しをはかって欲しい。

表彰台での笑顔・そして真央選手への拍手など。印象に残る。

アメリカ アマンダ・ドブズ

この名前にびっくり。日本人の私からしたら「ドブス」って!と驚くのだが(笑)名前と違い美しい。美人である。

16歳にして完成されている。

ジャンプも綺麗に跳ぶけど、トリプルジャンプの種類が3Sと3Tと3F。

3Fは回転不足で転倒してしまいました。 跳べる種類が多くなると、こわい存在である。楽しみな選手。

 

日本 今井遥選手

シニアの国際大会初出場!!本来四大陸に出るべき選手が出た。  

綺麗に滑る選手です。 流れるように。品がありますね。  

ただ後半はかなり疲れていた。  ですがこの結果で来シーズンのGPS派遣もあるのでは?

日本ジュニアから頭一つでた気がする。

 

 

スポンサーサイト

2010/01/30 22:40 | フィギュアスケート  TOP

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。