スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

今シーズンの選手たちをふりかえる・感想(女子・前編)

さて、シーズン終わりましたので、各選手の感想を書こうと思います。



●浅田真央選手●
真央世界選手権FP スパイラル

シーズン当初は、調子があがりませんでした。それでも逃げずに各試合で挑戦し続けました。シーズン始まる前に
lavenderは「今回はグランプリファイナルにはすすめないだろう」とこのブログでも言ってました。
現実どおりに。

全日本でもとことん3Aを苛めるジャッジでしたので、今回のオリンピックは厳しいのかもしれないと思いました。
技術・芸術ともにどの選手よりも先をいく真央選手ですが・・・・。

ですが 後半の2試合本当に素晴らしかったです。


★SP仮面舞踏会★
もう、専門的なことなんてどうでもいい。

「美しい」だなんて簡単にいえないほどの素晴らしい芸術作品を魅せてくれました。
高貴で濁りがなく・・・まるで清流。



純粋で無垢で・・・神様はなんて純粋なんだろう。 神様はただただ美しい。

ニコニコの仮面舞踏会。今から初めての舞踏会に行くぞ!!というだけではなく・・・・何かを訴えるような誠実な演技。

手の動き・何もかもが美しかった。


3A決まった瞬間 こみ上げるものがありました。


★前奏曲 鐘★

ゾクゾクしました。  3A2回完全に成功!!

神聖です。鬼気感じるものがありました。

哲学的なプログラム。  オリンピックでものにしました。   芸術とはこういうものです。

オリンピックでは警笛がなったのかもしれない。
精神的疲労が肉体的疲労を超えていたのかもしれない。

浅田真央にしか滑れないプログラムです。

OP試合後のインタビューで「悔しい」という気持ちをなきながらする真央ちゃんは 強いです。
けして 言い訳をしない。
銀メダルが悔しいのではない。 ミスしたことが悔しいのだ。

世界選手権では女王奪還。

新しい挑戦への鐘が 鳴り響きました。  これで仮面舞踏会・鐘が最後だったのかと思うと寂しいです。



●ショアニー・ロシェット●

ジョアニー

大好きな選手の1人です。私がロシェットの存在を知ったのは2004年エリック杯です。
それからずっと好きです。

遅咲きなのかなという印象。09年からバンクーバーへ向けて アゲられた選手の1人でもあります。
キム&ロシェット。

ただ、キムと違うのはロシェットは発言からもあげられていることに気がついていた。
そして、いつでも謙虚でした。

オリンピック期間にお母さまがお亡くなりになられるという・・。
そのような状態でよくあれだけの演技ができました。


★SP「ラ・クンパルシンンター」
これは もうバンクーバーで神プロになりました。


エレガト・品性・しなやかさは 1番だと思います。 東洋人には出せない華があります。


そして、何よりも強いのは 5種ジャンプを跳び分けれるところ。


この タンゴはおそらくあの人気振付師は1番良いプロにしたでしょう。
パワフルで素敵なタンゴ。
力強い中にもセクシーさもある。

天国というところがもしあるのなら・・・・お母様に届いたのではないでしょうか・・・。



★フリー サンムソンとデリラ★

このプログラムも ロシェットにはまったプログラムでしたね。

なんとなく 完成したものは サムソン~にかぎっては観ることができませんでしたが・・・
エキゾチックで素敵でした。



●カロリーナ・コストナー●
カロリーナ コストナー

コストナーも大好きな選手です。 現役選手ではこの3人が好きですね(サーシャは別格)


全体的に美しいのが コストナーだと思います。

ロシェットとは 違う 華があり そして  東洋人には出せない魅力があり これぞスケート!!


ステップのエッジの深さも大好き。   総てにおいて表現力が高い。


衣装もいつも洗練されている。


●FP G線上のアリア●

この曲・・・・・コストナーが使用すると聞いてかなり嬉しく思いました。


長い手足を生かした振付。繊細な旋律。優雅な世界観を最大限に表現できる曲です。


OPではジャンプの失敗が残念でしたが 滑るという意味では 素晴らしかった。
たっているだけで綺麗だった。

10年の欧州女王。 これで 復活か?と思いましたが・・・。


トリノで6位までもりかえしましたね。


大丈夫。      また笑顔のコストナーが観れる。






・・・・・・・・・・・・本音をいうと 大きい世界大会で 真央・ロシェ・コス  の表彰台が観たかったのです。
この3人が私は特に好きです。



特に コストナーに関しては  ジャンプがきまってきたとき・・表彰台に常の乗ることができる選手。



コストナーもロシェットも 親日派なので  そういう意味でも 嬉しいこと。




ロシェットは、真央ちゃんの演技をキスクラでしばらくみていたり・・・「真央を尊敬している」と年下の選手に対していいきる選手。


コストナーも ジュニアの頃から みきちゃん・ゆきなちゃんとたたかってきて 彼女のHPにはみきちゃんとゆきなちゃんのホームページがリンクされていたり ある試合で 失敗したミキちゃんに
「大丈夫よ。貴女ならできるわ」とハグをしたり 真央ちゃんに対しても優しいコメント。



・・・・・・・あれ???  あの選手は??




お気の毒様です。




後半編では  安藤選手と某選手をとりあげたいと思います。















スポンサーサイト

2010/04/07 00:00 | フィギュアスケート  TOP

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。