スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

基礎力と技術力

久しぶりに フィギュアスケートネタです。




オフですが選手のみなさんはショーでかなりいそがしそうですね。





真央選手の来季の振付は ショート:タラソワ  フリー:ローリー と先日発表されましたね。






OP後なので 冒険にでて欲しかったのですが、この黄金トリオ・・・安心です。






ローリーはOPシーズンの真央ちゃんをすごく心配していたそう・・・。色々発言も物議をかもしましたが
カナダ人のローリー・・。ナショナリズムと思うと許せてしまう。








コーチは誰になるのえしょうか?  私は ラファエル再登板を強く望んでいますが・・ないよね。
それか佐藤ゆかさん。(拠点はアメリカだしないよね)




ローリーという噂もあるけど・・・・・。どうなるかしら。






ジャンプコーチはつけて下さい。






さて タイトルの  基礎力と技術力ですが・・・・・。






真央ちゃんの場合、ジャンプ・エッジコントロール・繋ぎ・スケーティングをもう少し磨く必要があるかと思います。
スケーティングは日本の中では圧倒的に1番なのですが 世界に出るとそうじゃない。



なんというのだろう。  磨かれた身体のわりに・・・・・技術が・・・というの正直あります。



そう。  バランス。  バランスが・・・・・。





高い技術を磨いてきているのは真央選手。







高い技術を一切無視して 基礎力をつけてきたのが ヨナ。






これは 真央対ヨナ としたいわけでなく ただただ 空間的に物事を考えての私の思考。






ヨナの気持ち悪い顔芸・気持ち悪いカンチョールには ドン引きなのですが そこは少しおいておいて・・・・・




スケーティングのバランスなどは 流石です。





スケーティングに 弱さがない。   高い技術=スポーツは無視   したヨナでしたが 基礎力は高い。









意味不明なジャッジがなければ ヨナは5位くらいの選手。




ですが 基礎力については ヨナ・コストナー・未来  は ズバぬけているでしょう。






総合的には真央さんですけど。







私自身ヨナについては 発言やうす気味悪い顔芸とか 気持ち悪くて嫌いなのですが・・・・・。






スケートをみるにあたって もっと空間的に物事を発想すべきだと思う。







来季の動向が 気にはなりますけど・・・・







早く まともになってほしい。







そしてISU理事に  平松 純子氏が 立候補しているということ。






日本女子のエースに ことごとく ダウングレードをつける方向にもっていった女。







ジャンプのルールが変わると日本選手に伝えずに お隣側に 日本選手の練習ビデオを横流しした女。





あーーーーこれでは かわりませんなぁ・・・・・。










スポンサーサイト

2010/05/18 22:00 | フィギュアスケート  TOP

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。