スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

☆世界一美しい☆

古くからの「フィギュアスケートファン」なら彼女なしでは、語れないと思う。
「氷上のバレリーナ」と言えば、彼女だと思う。

太田由希奈

「太田 由希奈」選手です。この美しいレイバックイナバウワーに惚れ惚れします。

太田選手と言えば、安藤選手・浅田真央選手より先にジュニアで世界一になった選手です。
ジュニアグランプリファイナル・ジュニア世界選手権優勝。
そして、シニアでは四大陸優勝しました。2006年のオリンピックにむけて注目されていた選手。
ところが練習で怪我をしてしまい数年試合にでられなくなったのです。指先まで神経の行き届いた表現力、所作の美しさから「氷上のバレリーナ」の名を取り、海外でも高い評価を受けた。レイバックスピンやイナバウアーの美しさにも定評があります。

彼女の演技を生でみたのは、2002年全日本(京都)のフリーです。
「トゥーランドット」→「イナバウワー」に本当に感動した。
最終滑走でしたね。 本当に美しかったです。
所作が、他の選手とは違うのです。指先まで神経が行き届いています。
「トゥーランドット」「イナバウワー」と言えば、世間では荒川さんになるかもしれませんが
先に由希奈ちゃんが、使用して同じところでイナバウワーをしています。
私の中では由希奈ちゃんです。(もちろん荒川さんも素晴らしい)

そして06年DOIでショー復帰した時には涙がでました。たまらなかったです。
戻ってきてくれたのです。美しい「白鳥」のようでした。
07年全日本。「アランフェス協奏曲」も由希奈ちゃんの良さがすごくでていました。

「氷上のバレリーナ」といえば、世界のどこをみても「太田 由希奈」が1番です。

あるスケート雑誌で「08年グランプリファイナルの真央ちゃんみたいにノーミスで演技をして涙したい」
「コーエンやシズニーみたいにバレエジャンプしたい」としたい事をかたっている由希奈ちゃん。
思わず涙してしまいました。

ジュニアでは1世界で1位をとりました。シニアでは四大陸で1位。全日本は02年の4位が最高位です。 今はプロスケーターになって、京都では同志社大学にも復学しているようです。
またショーで 由希奈ちゃんの演技を観たいです。

あの女王様も、由希奈ちゃんにあこがれているんですよ。そして「死の舞踏」は、由希奈ちゃんも滑っています。 なんともいえない位「間借りプロ」でしたが。。。。
女王様も荒川さんも「死の舞踏」「トゥーランドット」で由希奈ちゃんから学んだものがあるのではないでしょうか??

世界選手権で優勝・オリンピックで金メダルをとった荒川さん・世界女王になった安藤選手が
「世界で1番になったけど、全日本では勝てていない」というくらい日本は層が厚いです。
そんな中でも「由希奈」ちゃんの素晴らしい演技は私の脳裏にいつまでも焼きついています。



スポンサーサイト

2009/09/17 02:43 | フィギュアスケート  TOP

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。