スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

☆金メダル☆

今年はオリンピックイヤーです。(正確には2010年)

フィギュアスケート大好きな私は、早くも興奮気味。フライングしていますが、何か?
多分もう、オタクだな。

今回は 荒川 静香選手を語ります。

完全に自己満足だし、興味ない方はここで、サヨナラ。


荒川 静香さん、現役の頃はそんなに好きではなかった。興味がなかった選手。
失敗すると顔にでて演技総てが駄目になる。
顔がこわばっていたな。

そんな中、荒川さんは 2004年世界選手権で世界女王になりました。

まずは完璧なジャンプ。3回転ー3回転ー2回転
迫力あるスパイラル
機敏なスピン
そして、おなじみ イナバウワー。
そして、おなじみ トゥーランドット。

もうね、この演技をみたとき、泣きました。総てが完璧だった。

美しいだけでなく技術力も凄いものがありました。

オールドファンはこの時に「トゥーランドット」をみているだろうから

トリノの「トゥーランドット」は ???って感じだったでしょう。

ジャンプ構成は(トリノ)
1、3Lz+2Lo
2、3S+2T(セカンドが3Tの予定だったらしいですが回避しました)
3、3F
4、2A
5、3Lz
6、3Lo
7、3S+2T+2Lオ

このジャンプ構成で、金メダルがとれてしまうのです。
3回転ー3回転がないのです!!
「3T」がなく 金メダルなのです。。。。。

これがある意味「改革」になってしまったのだろうか?ロス疑惑ともいえるあの疑惑に
たどりついたのかしら。。。。

ジュニア選手並の構成です。。。今のスケート界なら入賞レベル。

日本中に感動を与えてましたが、私は生観戦しましたけど・・・・。

あっ。アメリカのサーシャとロシアのイリーナを応援していたからかな。。。。

荒川さんを非難しているわけではありませんので悪しからず。

2004年の「トゥーランドット」が好きなだけ。
3回転ー3回転ー2回転にくわえ 3回転ー3回転をとんだのですから。総てが綺麗だった。

荒川さんの技術力は、浅田真央・安藤美姫・にはかなわないでしょうが、プロになって
演じる事の楽しさを憶えたのでしょうか?
美しいの一言。リンクにたった途端に「綺麗」といえるスケーターに変身していました。

プロになって4年。好きになりました。

現世界女王の某国選手の構成は(09年ロス選手権)
3F-3T
2A
3Lz-2T-2Lo
2A-3T
3Lz
2S(本当は3Sを跳ぼうとしてた)
2A

これで、世界女王がとれてしまうのです!!!2A3回(笑)
実質トリプル2種類。


茶番だわ。  その件についてはまた今度。

スポンサーサイト

2009/08/31 03:13 | フィギュアスケート  TOP

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。