スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

☆あえて、今だからこそ、バンクーバーを妄想してみる☆

埼玉でのジャパンオープンを1週間後に控え、だんだんと興奮してきたのと同時に lavenderの厄介な癖でもある「妄想」が止まらないのだ。

妄想癖があるlavenderですが、何か?

はい。今回の妄想は、バンクーバーです。 「金メダル」を妄想したいと思います。

なんとなく、女子フィギュア界は、大本命が金メダル獲得できていないというイメージが強いのだ。
まぁ、たんなる漠然としているもので ジンクスとかはないと思うのだが。
何故ならそれにあてはまるのは、ソルトレイクとトリノだけな気がします。
特にソルトレイクは、クワンとスルツカヤが「金」じゃなかったといのが印象深い。
特に、スルツカヤ。

ソルトレイクで「金」を獲得したのはアメリカの新鋭「サラ・ヒューズ」でした。
彼女が、表彰台の真ん中に乗ったのはGPシリーズのカナダ杯だけ。
グランプルファイナル・全米選手権・世界選手権ではタイトルを手にしていない。
だが、コンスタントに表彰台には乗ってきている印象はある。

そして、トリノです。トリノでは、スルツカヤかサーシャが本命でした。
でも金を獲得したのは 「荒川 静香」さんでした。
まぁ、当時の代表 荒川・村主・安藤 この3人であれば、メダルに近い選手は
スケートファンなら誰でもわかる。荒川さんだ。観る目のないバカな日本マスコミは
他2名押し。  この年、荒川さんは、ジュニアからシニアに参戦していた真央選手に
3連敗したのだ。 中国杯・エリック杯・全日本。 この3連敗はすごく頭に残っている。
が、荒川さんはその前のシーズンの世界女王。 

が、印象的には「大本命」ではない。

今回の「大本命」はやはり 1名は認めたくないのだが・・・・・・
「浅田 真央選手」と「キムヨナ選手」になるだろう。

「大本命」がもし・・・・真ん中でなかったら?と考えると・・・・・名前がでてくるのは

●「ジョアニー・ロシェット選手」と「安藤 美姫選手」なような気がするのだ。
この2選手、やはりトリノで経験している。OPの経験はすごく大きいと思う。
でも順位は、ロシェット5位・安藤15位。だから経験の意味合いは違うのか?
が、2選手とも このバンクーバーがもしかすると最後かもしれない。
それに、スケートをよく知っている。安定というか・・・・うまくいえませんが 表彰台にたてるスケートを
身につけているような気がする。

「大本命」でわたくしの大好きな浅田真央選手は、初めてのOP。そしてマスコミがバカ騒ぎするだろう・・・・。ジャンプの安定性などがどうしても気になってしまう所もある。(それでも真央選手が1番だけど)  そして、女王様はロスでつかいきってしまった感がある。


ついでに、ロシェットは、地元カナダの絶対的エースだ。

ダークホースはイタリアの「カロリーナ・コストナー選手」だ。
ロスでは何がしたいのかわからない位ジャンプが駄目でしたね・・・・。
某選手の影響もありますが・・・・。でも 彼女が素晴らしい演技をすると、確実にロシェット選手より上です。ジャンプも3-3-2を持っているのですから。


あ~。こんな妄想していたら 神様に怒られますよね。

真央選手はおそらく「出られるだけで・・・」とかそういう甘い事を言わないだろう。
強く思っている事があるはずだ。
前に「バンクーバーだけではなく次(ソチ)もある」と真央選手の口から聞いたときは
嬉しかった。 

トリノの時に解説の佐藤さんが、安藤選手の演技後に
「オリンピックで楽しかったというのは、アハハと笑う事が楽しいことではない。練習してきた事を
だせてこそ 初めて楽しめるのだ」という本当にすごく良い事を言ってました。

その通りなのだ。「楽しむ」とはアハハと笑うことでなはい。
自分のしてきた事をだしてから楽しめるのだ。


妄想がとまりませんが、どのような結果になっても 世界中誰もが納得する選手が表彰台の真ん中にいてほしい。
どの選手も納得のいけるスケートをして欲しいと思います。

お願いだから、可笑しな採点はやめて欲しいです。

スポンサーサイト

2009/09/27 03:00 | フィギュアスケート  TOP

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。